★灯りの育て方

Img_48d5ed2fcdf3e4ef120132c362f35c6c
Img_4fb0be8ff69fe8a81e385d876c21f3cb
KUSU.は灯りを生き物と考えています。
水やりや手入れなどの手間をかけると、美しい花や実が咲くように、
キャンドルの燃焼時間や芯の調整をするという手間をかけると、より美しい灯りが咲くのです。
溶け方、灯りの大きさを、あなたのオリジナルに育てませんか?


*保管方法

:直射日光、高温多湿での保管は色あせ、変形の原因となります。
:退色、香りが飛んでしまうことがありますので、長期保管にはご注意下さい。

*灯し方

:キャンドルの大きさにより若干の違いがありますが、
 芯は5ミリから7ミリにカットしてご使用下さい。
:灯す環境や灯している時間により炎の大きさが変わりますので、
 炎が大きい場合は芯をカットし、炎が小さい場合は一旦火を消してから 
 溶けた蝋(蝋溜り)を捨てるなどして調節して下さい。
:キャンドルの大きさ、灯す時間によっては蝋が垂れることがありますので、
 キャンドルホルダーなどをご使用下さい。

*消し方

:吹き消さずに、火消し棒で(ピンセット、竹串の代用可)
 溶けた蝋部分に芯をひたすと煤を出さずに消すことができます。
 この時に芯を倒したままでいますと、蝋の中に芯が埋まってしまいますのでご注意下さい。

※火の取扱いには十分ご注意いただき、素敵なキャンドルライフをお楽しみ下さい。